1. HOME
  2. 実績紹介
  3. 経営支援事業
  4. シャフト株式会社

WORKS

実績紹介

経営支援事業

シャフト株式会社

代理店から脱却し、総合的なメーカーへの進化に
ご支援をいただきました。

シャフト株式会社
代表取締役社長 清水健太郎様

経営支援を受けるきっかけ

弊社は、お客様の撮影されたお写真を使用した、オンリーワンのグッズを制作させていただく、インテリアグッズの総合メーカーです。

オリジナルジグソーパズル

とりわけ、弊社の主力事業である、オリジナルジグソーパズルの製造では、国内首位メーカーと自負しており、様々なメディアでもご紹介をいただいております。

しかし、そんな弊社も、私が大学の講師という前職の副業からスタートしてから数年は、事業の方向性で、様々な迷いを経験しました。

当時は、オリジナルジグソーパズルも、まだ、別のメーカーさんの代理店として取り扱っておりました。お客様からのクレームも多く、そのメーカーの経営姿勢が誠実ではなかったため、私は、今後の事業について、とても悩んでいました。

そんなとき、私の父の紹介で、株式会社URVプランニングサポーターズの松本社長に出会いました。私自身、それまで経営コンサルタントの方とお付き合いをしたことなど、全くなかったので、最初は、とても迷いましたが、松本様をよく知っている父の強い勧めもあり、松本社長の無料のカンファレンスを受けさせていただきました。

最初の無料カンファレンスで、私は、松本社長から、とてもショッキングなお話をお聴きしました。

「個人事業を含む、新規事業を開業し、30年存続できる経営者の割合は、全体の何%くらいだと思いますか?

日本では、なんと、0.2%なんです。

1,000人の経営者がいて、30年間、事業を存続させられる社長は、2人しか残らない計算です。

会社を経営し続けるというのは、そのくらい難しいものなのです。

従って、経営は、経営者のカンや、その時その時の思い付きで行っても、一時は上手くいきますが、存続させられません。

清水社長。
社長は、今、生まれたばかりのお子さんがおられますね。そのお子さんや家族のためにも、30年以上、会社を存続させられる経営者になりましょう。

そのために、私たちは清水社長を支援します。」

この話に私は、強い危機感を抱きました。

私が、今の経営のやり方で、これから30年、会社を継続させられるのか?

そう自分に、私は、はじめて問うたのです。

その時の自分には、そんな自信はありませんでした。

自分の愛する家族のためにも、シャフト株式会社を、存続し続けられる強い会社にしよう!

これが、株式会社URVプランニングサポーターズから経営支援を受ける契約を結ばせていただきました動機です。

代理店事業を脱却し、オリジナルジグソーパズルの製造メーカーへ

有料のコンサルティングがはじまり、月に2回の定例カンファレンスを、担当のコンサルタントの方に開催いただきながら、私は、はじめて、「経営」というものを、総合的に、様々な角度から勉強させていただきました。

勿論、勉強だけではありません。

当時の代理店としての当社の取り扱っていた商品の問題点や、顧客の属性の分析、利益率の分析など、徹底的に、担当コンサルタントの方が、当社を裸にされました。

そして、その結果、導かれた方向性。

それは、当社が代理店事業を脱却し、自ら、オリジナルジグソーパズルの製造メーカーになるという、目標でした。

しかし、ジグソーパズルの製造機械など、どこにでも、販売されているものではありません。仮に販売されていても、そんな既製品では、到底、弊社が、「30年間販売を続けられる」商品を作り出せるものではありませんでした。

担当コンサルタントの方に励まされながら、私は、機械メーカーを訪ね歩き、日本中の部品メーカーも回りました。

そして、1年以上の歳月をかけて探した結果、あるメーカーさんのご尽力で、製造機の共同開発をいただけることになりました。

そして、更に1年以上、試行錯誤を繰り返し、ついに、満足のいく製造の可能な機械を開発いただきました。

オリジナルジグソーパズルの製造機

勿論、この機械は、当社にある現金で買えるような安いものではありません。私は、はじめて、銀行からの借入金を興し、設備投資を行って、工房を造る、ということに向き合ったのです。

銀行は私に貸してくれるのだろうか?
本当に、借金をして大丈夫なのだろうか?

不安を抱えた私に、コンサルタントの方は、明快に、当社の財務の分析を示しながら、工場開業後の利益率の変化や、現金の動き方のシミュレーションのご説明をいただき、資金調達の際の銀行との面談の仕方や、申込書の記載まで、アドバイスをいただきました。

こうして、弊社は、無事、資金調達に成功し、工房の建設と人材の確保を行い、代理店時代の取引メーカーと決別し、独立のメーカーとして歩みだしました。

その後も、常に順風満帆であったわけではありません。
思い通りの商品を製造するための、従業員の皆さんと行った試行錯誤。
売り上げが原因不明なまま落ち込んだ時もありました。

その時も、常に冷静に、コンサルタントの方が分析を行っていただき、めげそうになる私を励まして、常に前を見て進むアドバイスをいただきました。

お客様に満足いただく商品を作り、サービスを磨き続けること。地道にそれを続けました。

そして、その甲斐があったのでしょうか。今では、様々なメディアに注目をいただき、色々な有名人の方々が、工房に取材にお越しいただくようにもなりました。

30年後も存続し続けられる強い会社へ

ついに2019年1月。弊社では、工房に隣接する場所に、カスタマーセンターを開設。

お客様のご注文に迅速かつ的確にお応えする体制を強化しました。

売り上げも回復し、今年は、おそらくは、過去最高売上と利益を更新できるのではないかと予測しております。

決して、特別なことをしたわけではありませんが、今、思い返すと、基本に忠実に歩み続けるということが、本当に「言うは易く、行うは難し」なのだなあと、感じます。

今では、私は、30年後も元気に存続しているシャフト株式会社を想像できるようになりました。

このような弊社の歩みと共に、安価な顧問料で、専門知識と経験豊富な専門家のコンサルの方が、いつも横に付いていただき、相談に乗っていただける、株式会社URVプランニングサポーターズの経営支援サービスは、私にとって、とても有難いサービスです。

今後も、更に、当社の発展のため、ご支援を弊社に続けていただきたいと、願っております。

御寄稿 2019年5月

COMPANY INFORMATION

シャフト株式会社オリジナルジグソーパズル

シャフト株式会社

〒182-0022
東京都調布市国領町4-23-4-309
https://www.schaft-japan.com

▼弊社オリジナル時計を製作していただき、シャフト株式会社様ホームページに掲載されました。
オリジナル時計サンプル | オリジナル時計 | シャフト株式会社

関連する事業

実績紹介