情報化支援事業

IT Support Business

ビッグデータ活用の「功」と「罪」。
その両面のベクトルに対するソリューションを開発し、提供する。

グローバルな未来価値開発志向型事業が
URVグローバルグループの情報化支援事業です。

人類の近未来は、ビッグデータ活用という、新たな機会と脅威の両面に晒されながら進化と後退を続けると、URVグローバルグループは考えます。

企業に集積された、新たな経営資源であるビックデータは、AIの進化によって、あらゆる課題のソリューションを生みだし、巨大な付加価値の源泉となります。

しかし、それは一方で、個人情報との緊張関係や、無人兵器の進化など、人類の存亡に大きな脅威を生みだし兼ねません。

URVグローバルグループは、AIテクノロジーを駆使しての、ビックデータ活用による情報化事業を進化させる事業と、それによる脅威から人類を守るセキュリティー事業を、2本の大きな柱にすえ、事業化を目指します。

そのための、知的ヒューマンリソースを、グローバルな人材マーケットに求め、国境を越えた優れた人材を活用する、新たな組織の編成を目指しています。

事業に取り組む企業

現在、組織戦略の立案と実行を進めております。
今後、発表させていただきます。