1. HOME
  2. ブログ
  3. 緊急経営支援情報メルマガ「クライシスコール」
  4. 緊急経営支援情報メルマガ 「クライシスコール」2020年4月3日 3月13日成立 緊急事態宣言とは?

記事

緊急経営支援情報メルマガ「クライシスコール」

緊急経営支援情報メルマガ 「クライシスコール」2020年4月3日 3月13日成立 緊急事態宣言とは?

※この記事は、経営支援事業を展開する、株式会社URVプランニングサポーターズの協力により、同社が発信したメルマガを、一部、修正して掲載しています。

政府の緊急事態宣言が、カウントダウンの段階に入りました。

ポイントは、東京でのオーバーシュートで、東京がオーバーシュートすれば、全国に広がるため、首都圏封鎖となります。

日本で成立している緊急事態宣言の内容を正しく理解し、緊急事態宣言が出た場合の、対応を、各企業は検討しなければなりません。

3月13日成立 緊急事態宣言とは?

  • 不要不急の外出の自粛
  • イベントの自粛

以上は、あくまで自粛となり、外国のような罰則や強制力はありません。

  • 医療品・食品の売り渡しの強制

医療品や食品を高値転売目的で保管した業者に、これを売り渡すことを政府が強制できます。
これに従わずに、売り渡しを拒否した場合、強制執行や罰則の対象になります。

医療品や食品を転売することは禁止されていません。
また、外出が出来なくなるわけではなく、不要不急の外出を自粛するよう、求める効果に止まります。

日本は、民主主義・自由主義国家ですので、人権制限を伴う法的措置は、これが限界です。

以上を正しく理解し、その上で、緊急事態宣言が出た場合、どう対応するか、冷静に経営方針を検討していきましょう。

尚、弊社経営支援をご提供する企業様で、私のカンファレンスのお約束の日程を前倒ししたいという企業様があれば、遠慮なく、お知らせください。

また、すでに、弊社では、カンファレンスをスカイプ体制に切り替えることが、可能です。

こちらも状況に合わせ、ご相談をしながら、切り替えますので、ご心配な企業様は、遠慮なく、ご連絡ください。

困難な状況ですが、他の企業が萎縮し、労働力が動かなくなるため、ある意味、絶好のチャンスでもあります。

情報を正しく分析し、周囲のデマや、政府の混乱に振り回されないように、戦略を冷静に立案して参りましょう。

関連記事