1. HOME
  2. ブログ
  3. 緊急経営支援情報メルマガ「クライシスコール」
  4. 緊急経営支援情報メルマガ 「クライシスコール」2020年3月3日号

記事

緊急経営支援情報メルマガ「クライシスコール」

緊急経営支援情報メルマガ 「クライシスコール」2020年3月3日号

※この記事は、経営支援事業を展開する、株式会社URVプランニングサポーターズの協力により、同社が発信したメルマガを、一部、修正して掲載しています。

このメルマガは、期間限定で、お送りするものです。

中国武漢で、キクガシラコウモリの体内に潜んでいたと思われるウイルスが、人間に感染し、新型コロナウイルスとして感染が確認。

ここから、感染が瞬く間に広がり、世界に拡散。

日本にも、多数の感染者が全国都道府県で、確認されました。

おりしも、消費税増税後の消費低迷ムードと、東京2020後に懸念される景気後退観測が重なり、そこに、過剰な反応が折り重なって、景気が確実に、後退をはじめています。

外出を控える消費者、買占めなどのパニック行動のあおりも重なっています。

更に、中国の生産活動の停止に伴う、サプライチェーンの稼働の停滞。

更に、安倍政権誕生以来、継続をしてきた、超・低金利政策と、財政赤字の影響が、政府部門の景気出動策を、限定的なものに制約します。

経済のファンダメンタルズの悪化が、新型コロナウイルスの蔓延とタイミング悪く重なっており、この影響は、実態の深刻さを遥かに超えて、消費者の心理を不気味に縮小させております。

この後、企業の収益を圧迫するリスクが増大しています。

既に、世界のエコノミストの中にも、これを契機に、リーマンショックを超える世界経済不況が襲来する可能性に言及をする方が、次第に増えています。

しかし、企業は、景気波動の不況期を乗り越えて存続を続けなければならない、ゴーイングコンサーンでなければなりません。

外部環境のせいにして、負けを正当化するのは、弱者の「遠吠え」に過ぎません。

好況と不況。
そのあらゆる場面にも、危機とチャンスは、同時に存在しています。

いかなる事態に立ち至っても、損失を食い止め、事業機会を見出しを存続し、折を観て勝ちに行く。それが生き残る、企業経営に必要な思考です。

今、目前に迫る、新たな脅威、そしてリスク。

地獄に続く深い穴に落ちないためには、その深く恐ろしい穴を、しっかり見据える勇気が必要です。

危ない路は、下を向いて歩かねばなりません。常に、上を向いて歩き続ければ、必ず、穴に転落して、地獄に落ち、二度と戻ることはできなくなります。

今、このメルマガは、新たな脅威と、リスクをしっかり見据える勇気を持った経営者が、僕に発する、「クライシスコール」にお応えするために発行する、緊急経営支援情報発信のツールです。

URVグローバルグループ CEO
松本尚典

関連記事